歯車研削・研磨.com|高精度な歯車・ギアを実現するための技術情報

技術情報
  • HOME »
  • »
  • 古い歯車は、モジュールにて再設計・製作を行う

■ 高品質な厚肉成形を実現するポイント

古い歯車は、モジュールにて再設計・製作を行う

Before

古い歯車はダイヤメトラルピッチで製作されているため、再製作にコストがかかりやすくなります

 古い産業機械などに使用されている歯車は、殆どがダイヤメトラルピッチ(inch)で製作されています。このダイヤメトラルピッチで加工できる工具はほぼ流通しないため、非常にコストがかかります。

After

モジュールで再製作することで、コストを抑えることができます

ダイヤメトラルピッチで製作されていた歯車を再度製作したい場合は、モジュール(mm)にて変更し直します。設計の手間はかかりますが、設備や工具の問題は解消されコストを抑えることができます。歯車の機能的にはまったく変更はありません。

Point

 ダイヤメトラルピッチの工具も圧力角が20度のものなら流通していますが、14.5度のものはほぼ入手できません。従ってダイヤメトラルピッチで製作された歯車は、再製作を行う際にモジュールに変更することで、コストと納期を抑えた製作が可能となります。

その他の高品質な厚肉成形を実現するポイント

歯研事例