歯車研削・研磨.com|高精度な歯車・ギアを実現するための技術情報

技術情報
  • HOME »
  • »
  • 磨耗した歯車を再設計・製作するために押さえるポイント

■ 高品質な厚肉成形を実現するポイント

磨耗した歯車を再設計・製作するために押さえるポイント

Before

磨耗して古くなった歯車と同じものを製作する場合、図面がないので手間やコストが余計にかかります

 歯車の歯が磨耗で無くなってしまい再製作が必要な場合、同じものを製作するよう指示・依頼をするケースが多くあります。しかし古い歯車だと図面がなく、その場合は現物を測定しなければならず、手間・時間・コストともに現実的な対応ではありません。

After

歯車を再製作するにあたって、要点を抑えて依頼すればスムーズに製作を行うことができます

 歯車を再製作しなければならない場合は、上記に記載した項目を押さえて依頼すると、図面や現物がなくてもスムーズに加工・製作を行なうことが可能です。

Point

 一方の歯車が磨耗した場合は、磨耗した歯車だけを交換するのではなく、できれば双方を交換するようにします。その際には、歯車要目・材質・熱処理の種類・仕上げの方法などを指定すれば、歯車の設計・製作をスムーズに行うことができます。

その他の高品質な厚肉成形を実現するポイント

歯研事例