産業用機械の高精度歯車・ギアの歯切り加工・歯研(歯車研削加工)なら井上鉄工所

社長挨拶

  • HOME »
  • 社長挨拶

社長挨拶

技術革新を繰り返してきた 141年の歴史

技術革新を繰り返してきた141年の歴史井上鉄工所の歴史とは、お客様と時代のニーズに応えながら技術革新を行ってきた歴史です。
明治のはじめ、初代の井上九市が福山の城下町に出てきて農機具用の鍛冶屋として苦難のうち開業したの が井上鉄工所のはじまりです。
当時、九市のつくる農機具は「丈夫で 長持ち」であると評判になり、またたく間に人気鍛冶屋として繁盛したといいます。
それから、141年。
井上鉄工所は、お客様と時代のニーズの変化とともに姿を変えていきました。
2代目は機械加工、3代目は脱穀機等の農機具メーカーへの脱皮、そして4代目は歯車加工へと特化していきました。
それぞれ の創業者たちが大切にしてきたのは、お客様を安心させる「高度な技術」でした。
その技術革新を大切にしてきたからこそ、各世代で少しずつ事業を変えながらも井上鉄工所という歴史を紡いできたのです。

日本の産業機器を支える歯車のトータルサプライヤー

日本の産業機器を支える歯車のトータルサプライヤーそして今は非常に変化のスピードが早い時代となりました。
井上鉄工所はその時代その時代の変化に柔軟に対応し数々の変遷を遂げ現在は歯切、歯研、組立を行う歯車のトータルサプライヤーになりました。
海外との競争が激しくなる中、日本の製造業が求められるのは間違いなく「高機能」「高精度」という差別化です。それには、必ずと言っていいほど、高精度で信頼性の高い歯車の技術が必須です。
我々は、技術と設備、そして歴史に裏打ちされた、高精度な歯車加工というニッチ技術で、日本の製造業を根底から支えていきます。

技術と人をつなぐ知的メタルワーキング

技術と人をつなぐ知的メタルワーキング井上鉄工所のいまの事業ドメインは「歯車」です。
でも、私たちはこれに留まりません。
お客様の要望、そして時代の流れを読み、自分たちに何ができるか?何が求められているかを考え、新しい井上鉄工所へ脱皮していきます。それは、141年間蓄積してきた「金属」というドメインの中で 設計・組立・製造・販売も行うメーカーという姿かも知れません。
141年の技術革新の歴史を、今までと変わりなく、これからも続けることで200年、300年とお客様のため、そして社員のために永続していきます。

株式会社 井上鉄工所 お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © 2016 産業用機械の高精度歯車・ギアの歯切り加工・歯研(歯車研削加工)なら井上鉄工所 All Rights Reserved.